ポケットWiFi「506HW」のレビュー・評判

ワイモバイルのポケットWiFi「506HW」 ポケットWiFi

506HWは、2016年4月に発売されたY!mobileのポケットWiFiです。 数多くのモバイルルーターを製造している、中国のHUAWEI社製の端末です

Y!mobileオンラインストア

506HWは、2015年4月に発売された401HWと同じく約75gというポケットWiFi史上最軽量をセールスポイントとしています。 401HWの後継機と目されており、主な特徴を受け継いでいますが、プランは新たに創設された別のプランです。

[st-card id=619]

506HWの特徴

通信速度

ファーウェイ公式サイト「506HWの通信速度」のスクリーンショット

506HWは4G高速通信に対応しており、通信速度は下り最大112.5Mbpsです。 注意点は、無線LAN接続時は下り最大65Mbps、USBケーブル接続により下り最大112.5Mbpsになる点です。

必要十分の速度はあるものの、通信速度は401HWと同じです。

エリア

506HWのエリアは、401HWと同じく4Gエリアです。下の地図の赤い部分が506HWの4G通信対応エリアです。4Gエリアなので、ほとんどの地域で利用できます。

ワイモバイル公式サイト「401HWの対応エリア」のスクリーンショット

バッテリー

ファーウェイ公式サイト「506HWのバッテリースペック」のスクリーンショット

506HWのバッテリーは、1,500mAhです。 通信状況などにもよりますが、連続通信時間は約6時間です。

このバッテリーのスペックも401HWと同じです。 一般的なルーターと比べるとやや少ないですが、通常の利用であれば1日は利用できると思います。

機能

これらの主な機能も、401HWから変わっていません。

約75gの軽量ボディ

ファーウェイ公式サイト「506HWは軽量ボディ」のスクリーンショット

約75gという持ち運びに便利な軽さと、名刺サイズというコンパクトなつくりになっています。

高速起動

ファーウェイ公式サイト「506HW・高速起動」のスクリーンショット

電源を入れると約5秒で起動し、すぐにネット通信を利用できます。

506HWの口コミ・評判

ポケットWiFiってこういった使い方もされているんですね。ちょっとびっくりしました。

5GBしか通信できないのでは、物足りない場合も多いと思います。

どれくらい通信量が必要かわからない場合は、WiMAXがおすすめです。WiMAXは、月間7GBと月間通信データ量の上限なしの2つのプランを毎月変更できます。

WiMAXについてのまとめ

401HWとの違いは、3G通信非対応になったことです。

まとめ

ファーウェイ公式サイト「506HWのスペック表」のスクリーンショット

401HWからの変更点はほとんどありません。 唯一、3G回線に非対応になった点が変わったところです。

506HWのプランは月間5GBなので、ライトユーザー向けの端末だといえます。 安くポケットWiFiを利用したい方におすすめです。

506HW取り扱いサービス

ワイモバイル

ワイモバイル公式サイト「プラン2ライト」のスクリーンショット

506HWを利用できるプランは、「Pocket WiFi プラン2ライト」です。 月間通信容量5GBで、月額2,480円です。

Y!mobileオンラインストア

こちらの記事もどうぞ

[st-card id=798]

コメント