ポケットWiFi「502HW」と新端末「504HW」を比較

ワイモバイルのポケットWiFi「502HWと504HW」 比較

2016年3月に発売されたY!mobileのポケットWiFi「504HW」は、「502HW」の後継機です。 どちらも中国のHUAWEI社製の端末です

502HWと504HWは何が新しくなったのでしょうか。 これら二つの端末の違いを順にみていきたいと思います。

[st-card id=289]

[st-card id=293]

502HWと504HWの比較

通信速度

  502HW 504HW
下り最大 187.5Mbps 261Mbps

504HWは502HWにも使われていた「キャリアアグリゲーション」という2つの周波数をあわせて通信する技術に加え、基地局と端末の両 方に4本ずつのアンテナを搭載する「4×4MIMO」という技術により、下り最大261Mbpsという高速通信を実現しています。

実際に使う際には最高速度が出ることはまずありませんが、502HWよりも高速になったのは間違いないでしょう。

エリア

502HW、504HWはともに4Gエリア・アドバンスモードエリアを利用するので、対応エリアは同じです。下の地図の赤い部分が4G対応エリア、紫 の部分がアドバンスモード対応エリアです。

アドバンスモードは、月間通信データ量の上限なし(3日間10GBの上限あり)でインターネットを利用できる通信モードです。

[st-card id=271]

ワイモバイル公式サイト「504HWの対応エリア」のスクリーンショット

[st-card id=266]

バッテリー

  502HW 504HW
連続通信時間 約10時間 約9時間
連続待機時間 約850時間 約900時間

どちらもバッテリーは、3000mAhです。 連続通信時間が502HWよりも504HWの方が約1時間減っている一方、連続待機時間は約50時間伸びています。 504HWの高速通信技術がより電力を消費するのかもしれません。

どちらにしても、通常の利用であれば1日利用できます。 なお、バッテリー持続時間は利用状況などにより異なります。

機能

テレビ機能

502HWは、専用アプリをスマートフォンなどにダウンロードすると、ワンセグ・フルセグでテレビを見ることができます。

このテレビ機能は、504HWにはありません。

11ac対応

どちらの端末も、電子レンジなど多くの電子機器で利用されている電波と干渉しにくい周波数を利用する「11ac」規格に対応しています。

タッチパネル

どちらもタッチパネルで操作することができ、スマートフォンのような感覚で使用できます。

高速起動

どちらも電源を入れると約5秒で起動し、すぐにネット通信を利用できます。

取り扱い会社

504HWと502HWを取り扱っている会社です。504HWの販売は終了しました。

ワイモバイル ポケットWiFiの本家

ワイモバイル公式サイト「プラン2」のスクリーンショット

※ワイモバイルでの504HWの取り扱いは終了しました。

ワイモバイルでは、502HW、504HWはどちらもプランは同じ「プラン2」です。月間通信制限なし(3日間10GB制限あり)のアドバンスモードを利用するには、アドバンスオプションに加入する必要があります。

アドバンスオプションは月額684円(税抜)かかるので、あわせて月額4,380円です。

504HWは502HWよりも半年遅く発売されましたが、すでに販売は終了しました。よほど人気だったのでしょう。

ワイモバイルでは、アドバンスモードのオプション料が無料になるなどのキャンペーンを実施することがあります。現在実施中のキャンペーンはワイモバイル公式サイトで確認できます。

Y!mobile公式サイト

[st-card id=251]

ヤフーWi-Fi キャンペーン次第でおトク

502HWはヤフーWi-Fiでも購入できます。独自のキャンペーンを実施しているので、キャンペーン次第ではかなりおトクにポケットWiFiを利用できます。

現在実施中のキャンペーンは、ヤフーWiFi公式サイトで確認できます。

ヤフーWiFi公式サイト

[st-card id=254]

Broad LTE 月額料金は最安

Broad LTEでも502HWを購入することができます。ワイモバイルやヤフーWi-Fiと比較するとかなり割安な料金(月額2,856円)で利用できます。

アドバンスモードのオプション料(月額685円)を加えても、月額3,541円という格安料金です。502HWを利用しつつも料金を抑えたいなら、Broad LTEが圧倒的に安いです。

現在、初期費用無料キャンペーン中なので、さらにおトクです。詳細は公式サイトで確認できます。

Broad LTE公式サイト

[st-card id=373]

まとめ

  502HW 504HW
下り最大 187.5Mbps 261Mbps
連続通信時間 約10時間 約9時間
連続待機時間 約850時間 約900時間
プラン ワイモバイル/ヤフーWiFi/Broad LTE 販売終了
月額料金 2,856円~ 3,980円
月間データ容量 7GB/上限なし
テレビ機能 あり なし
3Gエリア 非対応
高さ×幅×厚さ(mm) 60×104×18.3 64×106×17.9
重さ(g) 150 157
無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n/a/ac 準拠
インターフェース USB2.0準拠
同時接続台数 10台

502HWと504HWの主な違いは、通信速度とテレビ機能の二つです。それ以外はあまり変わらないので、テレビが見たい方は「502HW」、高速通信を求める方は「504HW」がいいのではないでしょうか。

どちらの端末も、アドバンスオプションに加入することでアドバンスモードを利用できます。 アドバンスモードを利用すると、月間通信制限なし(3日間10GBの制限あり)でインターネットが利用できます。

※504HWは販売終了

[st-card id=798]

コメント