スマモバのモバイルWi-Fiのレビュー・評判

スマモバ公式サイトのスクリーンショット SIMフリー

スマモバは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社がdocomoの回線を利用して運営するMVNOです。格安SIMや格安スマホも取り扱っていますが、このページではスマモバのポケットWiFiについて紹介しています。

3日間3GBの通信データ量の上限があり月間通信データ量の上限なしのプランと、3日間の通信データ量の上限がなく月間25GBまで利用できるプランがあります。

スマモバ公式サイト

たくさんインターネットを使えるモバイルWi-Fiを探しているものの、WiMAXやポケットWiFiは圏外…という場合にスマモバはおすすめです。

[st-card id=406]

スマモバの特徴

ドコモのLTE回線

スマモバは、docomoの4G LTE回線を利用しているため、エリアの広さ、つながりやすさが期待できます。エリアは、ドコモのスマートフォンなどと同じです。

スマモバの対応エリア

スマモバの対応エリアはNTTドコモのXi®エリア、FOMA®エリアに準じます。対応エリアの確認方法は、NTTドコモホームページからご確認ください。

通信データ量上限なしのプラン

スマモバの一つ目のプランは、月間7GBなどの月間通信データ量の上限がありません。したがって、比較的たくさんインターネットを利用できます。

使い放題プランの申し込みはこちら

3日間3GBの制限あり

スマモバには、もともと3日間の通信データ量の上限はありませんでした。しかし、現在では3日間で3GBの制限があります。

3日間で3GB以上の通信を行うと、深夜0時まで通信速度が上り下りともに200kbps以下に制限されます。

動画再生やファイル交換(P2P)アプリケーション等により、一定期間(日時や月間)において、一定量以上の連続、大量の通信を利用したお客様については、帯域制限を実施する場合が あります。通信量が他のお客様の平均通信量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなる場合があります。なお、現在のお客様全体における平均通信量から換算すると、3日間で利用通信総量が3GB以上となった場合、制限対象とさせていただきます。制限後の速度は、上り下りともに200kbps以下。制限は、毎日深夜0時に解除されます。

[st-card id=670]

スマートリッチ25(月間25GBプラン)

3日間3GBの制限が設けられたスマモバですが、新しく3日間の制限がないプランができました。それが、スマートリッチ25です。

スマートリッチ25は、月間通信データ量25GBという上限があるものの、3日間の上限はありません。なので、極端な話、1日で20GB利用することも可能です。

3日間でどのくらい使ったのかをいちいち気にしたくない方には、こちらのプランが向いているかもしれません。とにかく、月間のトータルで25GBを超えなければ通信速度が制限されることはないですからね。

スマートリッチ25の申し込みはこちら

月額料金

スマモバの「通信制限なしプラン」「スマートリッチ25」はどちらのプランも、月額3,980円です。端末を月賦で購入すると、月々1,000円割引になります。月額利用料の内訳は以下のようになります。

基本料金 3,480円/月
端末代金(36回) 1,500円/月
端末同時割引(36回) -1,000円/月
月額利用料 3,980円

契約期間と解約

スマモバの解約料がかかる期間は2年です。25ヶ月以降の解約には契約解除料はかかりません。24ヶ月以内の解約には、9,800円(税抜)の契約解除料がかかります。解約料は平均的な金額ですが、端末代金の支払いが残っている場合は残債が高額になりがちです。

端末の分割払いは36回なので、25ヶ月以降36ヶ月以内に解約する場合は残りの端末代金を一括で支払います。36ヶ月で端末代金の支払いは終了し、データ通信費のみの支払いとなります。

割賦支払い期間中に他のプランに変更や解約された場合は毎月の割引は適用外となり、端末代金は残りの割賦代金を一括でお支払いただきます。37ヶ月以降のご利用料金は通常のLTE使い放題となります。

契約の自動更新なし

スマモバでは、2年間の契約期間終了後に契約の自動更新はありません。また、25ヶ月以降は解約料がかかりません(分割購入の場合、端末の残債を支払う必要があります)。

端末の分割払いを終える37ヶ月以降は月額3,480円になり、それまでの3年間よりも500円安くなります。

24ヶ月以内の解約の場合、契約解除料として、9,800円(税抜)が発生します。25ヶ月以降は契約解除料はかかりません。
また端末セットプランで分割購入されている場合は端末の残債をお支払いただきます。

端末

FS030W

FS030Wは、富士ソフト株式会社が製造しているデータ通信端末です。シンプルでコンパクトなデザインで、docomo・SoftBank・au3社の回線が使えるSIMフリー端末です。

通信速度 下り最大150Mbps
連続通信時間 約20時間
特徴 SIMフリー

[st-card id=2328]

スマモバの評判・口コミ

まとめ

スマモバのモバイルWi-Fiは以下のメリット・デメリットを比較すると、

  • WiMAXの通信制限なしがエリア外
  • スマモバを2年以上使おうと考えている

という方におすすめです。

WiMAXのエリア内であれば、圧倒的にWiMAXがおすすめです。しかし、WiMAXは山間部などはエリア外であることが多いので、そのような地域での利用を考えている方には、ドコモ回線の4G LTEでエリアが広く通信制限に余裕のあるスマモバがおすすめです。

ほかに4G通信をたくさん利用できるのは、プレミアモバイルNEXT mobileです。

また、スマモバのルーターは分割購入した場合の解約料が高額になるので、2年間の契約期間以上使おうと考えている方におすすめします。

スマモバのメリット

  • ドコモのLTE回線
  • 月間通信データ量の上限なし
  • 契約の自動更新なし

スマモバはドコモ回線を利用しているので、WiMAXやワイモバイルの月間通信制限なし対応エリアよりも広いエリアで利用できます。WiMAXやワイモバイルのエリア外で諦めていた方も、スマモバなら利用できる可能性があります。

デメリット

  • 通信速度
  • 契約特典がない
  • 端末が高い

スマモバのモバイルWi-Fiの通信速度は、下り最大150Mbpsです。通常のネット利用には充分な速度ですが、モバイルWi-Fiの中では速い方ではありません。

スマモバには高額キャッシュバックなどの契約特典はないので、お得なキャンペーンを狙って実質利用料を安くすることはできません。

スマモバのモバイルWi-Fi端末は、定価のため高額です。FS020Wはスマモバで購入すると、54,000円(税抜)ですが、Amazonでは1万円以下、ビックカメラ.comでも2万円程度で販売されています(2016年12月現在)。すでに最新機種というわけではないので、割高感は否めません。また、分割購入して契約途中で解約する場合、端末の残債も含まれるため、解約料が高額になってしまいます。

スマモバの利用までの流れ

申し込み

スマモバ公式サイトから申し込みます。

  1. 利用規約などに同意
  2. プランを選択
  3. 必要事項を記入
  4. 申し込みの確定

端末の受け取り

端末は年末年始などを除き、申し込みの翌日~3日で出荷されます。

設定

端末とスマートフォンなどの接続設定を行います。

利用開始

接続できたらすぐに利用開始できます。

スマモバ公式サイト

[st-card id=317 ]

コメント

  1. アバター 杉照美 より:

    親族に当たる者ですけど、スマートモバイルのwi-fiを解約したいのですけど、親族が具合が悪いもので。

    • 研究員 研究員 より:

      スマモバのモバイルWi-Fiを解約するには、以下の方法があります。

      • マイページ
      • チャット
      • 正規認定ショップ

      マイページから解約する場合は、契約情報画面の下部にある「解約申請」から申し込みます。後日、登録してあるメールアドレスにスマモバから解約受付メールが届きます。

      チャットの場合は、スマモバ公式サイトに表示されるチャットから解約を申し込みます。チャットの受付時間は、午前10時~午後6時までです。

      マイページの確認・チャットは、「スマモバマイページアプリ」からも可能です。

      正規認定ショップの場合は、スマモバを正規に取り扱っている実店舗から解約を申し込みます。

      契約期間中(24ヶ月以内)に解約する場合、解約料として9,800円(税抜)がかかります。また、端末を分割購入している場合は、端末の残債を支払う必要があります。

      これらは、マイページから確認できます。チャットから問い合わせることも可能です。

      契約者本人以外の方が手続きする場合、マイページのログインパスワードが分かれば可能かと思います。しかし、本人にしかわからない情報が必要な場合、手続きを完了することができない可能性もあります。

      本人による手続きが困難なケースなど、解約手続きに支障がある場合はスマモバに問い合わせてみることをおすすめします。
      スマモバ公式サイト