ポケットWiFi

家でも外でもインターネット!ポケットWiFiの特徴・評判まとめ

ポケットWiFiとは、持ち運びできるポケットサイズのインターネット接続機器です。ポケットWiFiがあれば、家でも外でもインターネットを利用できます。

ちなみに、「ポケットWiFi」という名称はワイモバイル・ヤフーWiFiなどのソフトバンク系のモバイルWi-Fiを指す商標です。厳密に言うと、同じモバイルデータ通信サービスであっても、ドコモやWiMAXなどのものはポケットWiFiとは言いません。ポケットWiFiは普通名称化していますが、これは「ウォシュレット」や「シャワートイレ」が温水洗浄便座の普通名称化しているのと似ています。

なので、このページではワイモバイルなどが提供しているポケットWiFiについてまとめています。WiMAXについては「WiMAXのページ」をご覧ください。

WiMAXは家でも外でも高速インターネット。厳しい速度制限なし!しかも、工事不要だからすぐに使える。
最強モバイルネット!WiMAXの特徴やキャンペーンについてのまとめ

WiMAXは、家でも外でも高速通信ができるモバイルインターネットサービスです。ギガ放題というプランでは、月間通信データ量の上限なし(直近3日間で10GBの上限あり)でインターネットを利用できます。

続きを見る

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFiは、月間通信データ量5GBから月間通信データ量の上限なしで使えるプランまであり、ユーザーのニーズにあわせて選ぶことができます。

月間通信データ量の上限がないプランでは、厳しい速度制限がなく、3日間で10GBを超えなければいくらでもインターネットを利用できます。万一前日までの3日間で10GBを超えても、通信速度が制限されるのは18時から翌日1時までの7時間ほどです。

昼間は普通に利用できるので、仕事などに支障はありません。また、制限された際の通信速度は約1Mbpsなので、ウェブサイトやSNSを見るくらいのことは問題ありません。

固定回線のような開通工事は必要ないので、引っ越し先でもすぐにインターネットができます。配線もないので、部屋がスッキリします。

ポケットWiFiを提供するワイモバイルはソフトバンク系の会社なので、ソフトバンクのインターネットサービスとセットで割引になります。

月5GBから月間通信制限なしまで

ライトユーザー向けの月間5GBプラン

ポケットWiFiの一番安いプランは、月間5GBのプランです。月額2,480円で利用できる、ライトユーザー向けのプランです。

月間通信データ量の上限なしのプラン

アドバンスモードに対応している端末なら、月間通信データ量の上限なしでインターネットを利用できます。アドバンスモードは通常の4G通信とは異なる通信モードで、月額684円のオプションです。

アドバンスモードのイメージ画像
ポケットWiFiのアドバンスモードとは?対応機種も紹介

アドバンスモードとは、Y!mobileやヤフーWi-FiなどのポケットWiFiを月間通信データ量の上限なしで利用できる通信モードです。一般的な月間7GBのプランに比べて、快適にインターネットを利用でき ...

続きを見る

アドバンスモードでは、3日間の通信データ量が10GBを超えない限りインターネット使い放題です。

イメージ画像
モバイルWi-Fiの3日間制限とは?制限後の通信速度と制限される期間、10GBの目安などについてまとめました。

モバイルWi-Fiやスマートフォンでインターネットをしていると、気になるのが通信量です。なぜ通信量が気になるのかというと、通信制限があるからです。通信データ量の上限を超えると速度制限が課せられてしまう ...

続きを見る

厳しい速度制限なし

ポケットWiFiのアドバンスオプションに加入すると、月間通信データ量の上限なしでインターネットを利用できます。この場合、スマートフォンのような厳しい速度制限はありません。

アドバンスモード利用時は、直近3日間の通信データ量が10GBを超えると通信速度が制限されます(ワイモバイル:通信の制限について)。

しかし、速度制限がかかって低速化しても、約1Mbpsの通信速度があるのでネット検索やSNSなどは可能です。もちろん、高画質動画を視聴するといったデータ量の大きい通信が必要なことは難しくなります。

また、速度制限が適用される時間も10GBを超えた翌日の18時から翌日1時までの7時間程度です。日中は普通に使用できるので、仕事などに支障はありません。

月間の通信制限について

なお、アドバンスオプションに加入していない場合や月間通信データ量の上限があるプランの場合は、上限を超えると月末まで通信速度が制限されます(ワイモバイル:通信速度の低速化について)。こちらの速度制限は通信速度が著しく低速化するので、インターネットの利用はまずできません。

一方、月間の通信制限はデータ量を追加購入することで解除できます(ワイモバイル:低速化を解除する方法)。データ量は500MBあたり500円です。3日間の通信制限は解除することができません。

月間の通信制限について注意点があります。アドバンスオプションに加入している場合でも、4G通信には月間7GBの上限があります。

4G通信を利用して月間7GBを超えた場合、アドバンスモードを含めて通信速度が制限されます(ワイモバイル:アドバンスオプション)。4G通信だけでなくアドバンスモードまで低速化するのは不可解ですが、とにかくそうなっているので注意してください。

ちなみに、ワイモバイル公式サイトでは3日間の通信制限のことを「通信の制御」、月間の通信制限のことを「通信の制限」と言葉を分けています。

エリアが広い

ワイモバイルのアドバンスモード対応エリアマップ

紫色の部分がアドバンスモード対応エリア。都市部はほぼカバーしている。

アドバンスモード対応エリアは上のマップの紫色の部分です(赤色は4Gエリア)。ワイモバイルを月間通信データ量の上限なしで使えるアドバンスモードは、都市部を中心にカバーしているので、山間部などでなければ利用できる可能性が高いです。

ポケットWiFiを使う予定の場所が対応エリアなのか、契約前に確認することを忘れないでください。エリアの確認は公式サイトのエリアマップで簡単にできます。

ワイモバイルのイメージ画像
ワイモバイルとヤフ-のポケットWiFiのエリアを確認する方法

Y!mobileのポケットWiFiを契約する前に、忘れてはならないのがエリア確認です。 もしも、ポケットWiFiの利用地域がエリア外だった場合、期待していた通信ができない可能性があります。 ヤフーWi ...

続きを見る

4Gエリア

ワイモバイルの4Gエリアマップ

赤色の部分が4G対応エリア。都市部以外もカバーされている。

4Gはスマートフォンの通信にも使用されており、かなり広いエリアで利用できます。アドバンスモードが圏外になるエリアでも4Gはつながるというケースも多いです。

また、周囲に障害物がある場合や地下などではアドバンスモードはつながりにくいことがありますが、4Gはそういった状況でも比較的つながりやすいことが知られています。

4Gの欠点は月間通信データ量の上限がある(月間7GB)ことなので、普段はアドバンスモードでつながりにくいときは4Gといった使い分けがおすすめです(アドバンスオプション加入者の場合)。

工事不要・最短当日発送

ポケットWiFiは無線機器なので、光回線のような開通工事は必要ありません。

  • 住宅事情で工事ができない
  • 工事費用が高額で払えない
  • 工事完了までインターネットが使えないのは困る
  • 家に知らない人を入れたくない

このようなときは、ポケットWiFiがおすすめです。工事不要で、宅配便を受け取ればすぐにインターネットを利用できます。

ポケットWiFiの発送は最短で当日なので、早ければ翌日にはポケットWiFiを使うことができます。

配線無しで部屋がスッキリ

ポケットWiFiはケーブル不要

ポケットWiFiはケーブル不要

ポケットWiFiは無線機器なので、配線がありません。ケーブルがゴチャゴチャすることがなく、部屋をスッキリ保てます。

ソフトバンクのネット回線とセットでおトクに

ソフトバンクの光セット割

ソフトバンクのネットとセットで月額料金が割引になる。

インターネットのヘビーユーザーの方は、ポケットWiFiは外出時に使って、家では固定回線を使いたいということもあると思います。ポケットWiFiの速度制限が緩和されたといっても、オンラインゲームをプレイしたり高画質動画を長時間視聴する、家族が多い場合には物足りないかもしれません。

そういったときは、家で使う固定回線をソフトバンクにすると「光セット割」という割引が適用されます。ワイモバイルのポケットWiFiとスマホの数だけ割引が適用されるので、家族でワイモバイルにそろえるとかなりの割引になります。

現在、ソフトバンク光に乗り換えた方にキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しています。実施中のキャンペーンは公式サイトで確認できます。

SoftBank光公式サイト

ソフトバンクエアーは、コンセントに挿すだけでインターネットを利用できる無線機器です。工事不要で手軽に使えるというメリットがあります。

実施しているキャンペーンについては、公式サイトで確認できます。

SoftBank Air公式サイト

SoftBank Airターミナル3
SoftBank Airのレビュー・評判。通信速度や通信制限、料金プランについてわかりやすくまとめました。

SoftBank Air(ソフトバンク・エアー)とは、ソフトバンクが提供している家庭用のインターネット接続機器です。電源を入れるだけで簡単に利用できるのが特徴です。簡単に自宅にWi-Fiを設置したい方 ...

続きを見る

ポケットWiFiのデメリット

光回線には勝てない

ポケットWiFiは数年前と比較すると、通信速度・通信制限ともに飛躍的に進歩しました。しかし、それでも通信速度・通信制限については光回線の方が優れています。

ポケットWiFiの最高速度は612Mbpsですが、光回線は1Gbpsです。どちらも実際の利用ではこれほどの数値は出ませんが、光回線の方が通信速度は速いです。

とはいえ、一般的なネットユーザーであれば、ポケットWiFiの通信速度でストレスを感じることはないでしょう(対応エリア内の場合)。どうしても通信速度にこだわる場合は光回線の方が良いと思います。

また、通信制限は光回線には存在しないので、文字通り無制限にインターネットを利用できます(従量制プランなどを除く)。大量のデータ量が必要な通信をする場合は、光回線が必須です。

具体的には、オンラインゲームや高画質動画の長時間の視聴、大容量データのダウンロードなどです。こういった使い方をする場合は光回線を契約し、外出先ではポケットWiFiを利用するのがおすすめです。

WiMAXのようなキャンペーンが少ない

これは利用料金に関するデメリットです。WiMAXとポケットWiFiの基本的な料金プランはほぼ同じなのですが、WiMAXは運営元であるUQ WiMAX以外にもたくさんのプロパイダがあります。

プロパイダはそれぞれキャッシュバックや割引などのキャンペーンを展開しています。プロパイダが多いので、キャンペーンの種類も多く、競争もあります。

そのため、WiMAXは通常の月額4,380円から1,500円近く安く利用できるプロパイダもあります。

ポケットWiFiも運営元のワイモバイル以外から契約することもでき、格安で利用できる会社もありますが、選択肢は少ないです。

例えば、ワイモバイルなら月額4,380円のところを、Broad LTEなら月額3,541円で利用できます。しかし、取り扱っている端末が1機種しかないなどのデメリットもあります。

契約期間が3年

ワイモバイルのポケットWiFiは、基本的に3年契約のプランです。契約期間中に解約すると、契約解除料として9,500円がかかります(ワイモバイル:契約解除料一覧)。

これをどう思うかは人それぞれだと思いますが、WiMAXの2年契約に比べて長いと感じるかもしれません。

ポケットWiFiの評判・口コミ

ポケットWiFiを無制限に使えるアドバンスモードはオプションなので、加入していないと月間7GBまでしか使えません。また、アドバンスオプションに加入していても、4Gモードでの通信は月間7GBまでです。

601HWの通信速度は、下り最大612Mbpsです。

端末(ルーター)と料金プラン

ポケットWiFiは端末ごとに選択できる料金プランが決まっています。

ワイモバイルで契約できる端末とプランです。ワイモバイル以外にポケットWiFiを取り扱っている会社については後述します。

Y!mobile公式サイト

401HW Pocket WiFi プランSS 月額928円で7GB使える

ポケットWiFiルーター401HW

シンプルでコンパクトなつくりの401HW

ポケットWiFi プランSSは、月間通信量5GB・月額2,480円というライトユーザー向けのプランです。 通信データ容量が、月間5GB・3日間10GBを超えると通信速度が制限されます。

このプランを契約できる機種は「401HW」です。401HWは、シンプルな機能で低価格を実現した端末です。

後継機である506HWが発売されているので、近々販売終了になると思われます。性能は506HWとほぼ変わらないので、506HWを購入するよりもおトクです。

※現在キャンペーン中により月間7GBに増量中です。また、現在アウトレット販売されている401HWを一括購入することで、月額928円で利用できます。

Y!mobile公式サイト

機種 401HW
通信速度 下り最大112.5Mbps(※)
通信規格 3G,4G
連続通信時間 約6時間
特徴 約75gというコンパクトかつシンプルなデザイン

※ USBケーブル接続時。無線LAN接続時は下り最大65Mbpsになります。

ポケットWiFiルーター401HW
ポケットWiFi「401HW」のレビュー・評判

401HWは、2015年4月に発売されたポケットWiFiです。Y!mobileや YahooWiFiで取り扱っています。 今世界で最も勢いのある企業の一つである、中国のHUAWEI社製の端末です。

続きを見る

ポケットWiFiルーター401HW
ワイモバイルのポケットWiFi「401HW」を契約するなら今がお得な2つの理由

401HWは、Y!mobileのなかでも月額料金の一番安いポケットWiFiです。 手軽に利用できるので、ライトユーザーの方におすすめです。 当サイトの推測では、401HWを契約するなら今がチャンスです ...

続きを見る

506HW Pocket WiFi プラン2 ライト ライトユーザー向け

ワイモバイルのポケットWiFi「506HW」

506HWは401HWの後継機だが、色以外の違いはほとんどない

Pocket WiFi プラン2 ライトは、プランSSと内容は同じ月間通信データ量5GB・月額2,480円というプランです。401HWの販売終了とともに、プラン2 ライトに一本化されるものと考えられます。

※キャンペーンにより、プランSSの方がデータ量(5GB→7GB)・月額料金(2,480円→928円)ともにおトクになっています。

プラン2 ライトの端末は、401HWの後継機である506HWです。後継機といっても性能はほぼ変わらないため、今契約するなら401HWがおすすめです。

詳細は後述していますが、506HWはヤフーWiFiから契約することもできます。実施しているキャンペーンによっては、ワイモバイルよりもおトクになります。

Y!mobile公式サイト

機種 506HW
通信速度 下り最大112.5Mbps(※)
通信規格 4G
連続通信時間 約6時間
特徴 約75gというコンパクトかつシンプルなデザイン

※ USBケーブル接続時。無線LAN接続時は下り最大65Mbpsになります。

ワイモバイルのポケットWiFi「506HW」
ポケットWiFi「506HW」のレビュー・評判

506HWは、2016年4月に発売されたY!mobileのポケットWiFiです。 数多くのモバイルルーターを製造している、中国のHUAWEI社製の端末です。

続きを見る

ポケットWiFi401HWと506HW
ポケットWiFi 401HWと506HWの違いと比較

2016年4月に発売されたポケットWiFi「506HW」は、一年前に発売された401HWと何が違うのでしょうか。ともにファーウェイ製で、写真で見る限りでは色がホワイトからブラックに変わっただけでほとん ...

続きを見る

502HW,603HW Pocket WiFi プラン2 ヘビーユーザー向け

このプランは、月間通信データ量7GB・月額3,696円というプランです。アドバンスオプション(月額684円)に加入してアドバンスモードを利用すると、月間通信制限なし(3日間10GBの上限あり)でインターネットを利用できます。

現在このプランを契約できる機種は「502HW」「603HW」です。

502HW

ポケットWiFiルーター502HW

502HWは珍しいテレビ機能がついている

502HWは、専用アプリをダウンロードするとスマートフォンなどの端末でテレビを視聴できる端末です。

ワイモバイルのほかに、ヤフーWiFiとBroad LTEからも購入できます。後述しますが、Broad LTEはかなりの格安料金で利用できます。

Y!mobile公式サイト

機種 502HW
通信速度 187.5Mbps
通信規格 4G
連続通信時間 約10時間
特徴 アドバンスモード対応。テレビ視聴可能
ポケットWiFiルーター502HW
ポケットWiFi「502HW」のレビュー・評判

502HWは、2015年10月に発売されたポケットWiFiです。 多くのモバイルWiFiルーターを製造している、中国のHUAWEI社製の端末です。 専用アプリをダウンロードすることで、テレビを視聴でき ...

続きを見る

603HW

603HW

603HWは下り最大612Mbpsの超高速通信に対応している

603HWは下り最大612Mbpsの超高速通信に対応しています。一部地域からの提供ですが、この通信速度を全国で利用できるようになれば、体感では光回線並みの速度に感じられるかもしれません。

Y!mobile公式サイト

機種 603HW
通信速度 下り最大612Mbps(※)
通信規格 4G
連続通信時間 約8.5時間
特徴 下り最大612Mbpsの高速通信に対応

※一部地域から提供し、順次拡大予定。当面は下り最大261Mbpsでの通信がメインになると思われます。

603HW
ポケットWiFi「603HW」のレビュー・評判 | 下り最大612Mbpsの高速通信に対応したルーターです。

603HWは、ファーウェイが製造しているワイモバイルのポケットWiFiです。ポケットWiFi史上最速となる下り最大612Mbpsの高速通信に対応しています。 安定した通信を実現する新技術が導入され、従 ...

続きを見る

ワイモバイル以外のポケットWiFi提供会社

ポケットWiFiの本家本元はワイモバイルですが、他の会社から契約することもできます。独自のキャンペーンを実施しているので、ワイモバイルよりもおトクなこともあります。

ヤフーWiFi おトクなキャンペーン実施中

ヤフーWiFiはワイモバイルと同じソフトバンク系の会社です。取り扱っている機種はワイモバイルよりも少ない2つですが、おトクなキャンペーンを実施しています。

業界最安級の5GBプラン

ポケットWiFi506HWを利用できるプランです。基本的にはワイモバイルと同じ、月間5GB・月額2,480円ですが、キャンペーンによってかなりおトクになります。

キャンペーンはヤフープレミアム会員限定なので、未加入の方はヤフーWi-Fi申し込み時に加入する必要があります。 Yahoo!プレミアム会員とは、月額462円(税抜)でヤフオクなどのヤフーの各種サービスを受けられるものです。 ヤフープレミアム会員以外は、月額3,696円になります。

現在実施中のキャンペーンについては、ヤフーWiFi公式サイトで確認できます。

ヤフーWiFi公式サイト

月間通信制限なしプラン

ヤフーWi-Fiのもう一つのプランは、アドバンスオプションに加入してアドバンスモードを使用することによって、月間通信制限なし(3日間10GBの上限あり)になるプランです。アドバンスオプションは月額684円です。

このプランの端末は502HWです。月間7GB・月額3,696円で、アドバンスオプションに加入すると月間通信データ量の上限なし・月額4,380円になります。

現在実施されているキャンペーンによっては、ワイモバイルよりもおトクに利用できます。実施中のキャンペーンについては、公式サイトで確認してください。

ヤフーWiFi公式サイト

ヤフーWi-Fi
Yahoo!のポケットWiFi、ヤフーWi-Fiのレビュー・評判

ヤフーWi-Fiは、Yahoo!JAPANが提供するデータ通信サービスです。 ヤフーはソフトバンクが運営しているので、ワイモバイルやソフトバンクのモバイルWi-Fi(ポケットWiFi)と基本的には同じ ...

続きを見る

Broad LTE 月間通信データ量の上限なしが最安

Broad LTEでは、最安でポケットWiFiを利用可能です。契約できる端末は502HWのみですが、月間7GB・月額2,856円という破格の安さで利用できます。

アドバンスオプションに加入するなら、月間通信データ量の上限なし・月額3,541円です。アドバンスオプションの料金を含めても、ワイモバイル・ヤフーWiFiのアドバンスオプションなしの場合の料金よりも安いですね。

なぜこんなに安いのかと不審に思うかもしれませんが、これは近頃人気の格安スマホ会社(mineo・楽天モバイルなど)と同じ仕組みです。通信網などのインフラに対する設備投資と実店舗の運営費や人件費がかからないことによって格安料金を実現しています。

ワイモバイルのようなサポートは期待できませんが、とにかく安く使えます。

Broad LTE公式サイト

Broad LTE
Broad LTEのレビュー・評判

Broad LTEは、株式会社リンクライフが運営するポケットWiFiサービスです。ポケットWiFiをワイモバイルやヤフーWi-Fiよりも格安料金で利用できます。

続きを見る

ソフトバンク スマホとセットで

ソフトバンクで取り扱っているポケットWiFiは、ワイモバイルのものとは異なります。アドバンスオプションがなく月間7GBのプランのみなどの違いがあります。

ソフトバンクのスマホとセットで月間20GBプランなどを契約し、データ量をシェアするといった使い方を想定しているようです。ポケットWiFiとして考えた場合、アドバンスモードを利用できるワイモバイルの方が便利だと思います。

ソフトバンク公式サイト

ソフトバンク公式サイトのスクリーンショット
SoftBank(ソフトバンク)ポケットWiFiのレビュー・評判

softbank(ソフトバンク)は、ワイモバイルとヤフーモバイルを運営していますが、ソフトバンクとしてもモバイルWi-Fi事業を提供しています。

続きを見る

NEXT mobile データ量・月額料金ともにおトク

NEXT mobileはソフトバンク回線のポケットWiFiを格安で提供しています。こちらもアドバンスオプションはありませんが、つながりやすい4G通信を月間20GBまたは30GBまで使えて、3日間の通信データ量の上限なしというメリットがあります。

利用料金は月間20GBのプランが月額2,760円、月間30GBのプランが3,490円です。

NEXT mobile公式サイト

NEXT mobile
NEXT mobile(ネクストモバイル)のポケットWiFiのレビュー・評判

NEXT mobile(ネクストモバイル)とは、つながりやすい4G LTE通信を大容量プランで利用できるうえ、利用料金が安いのが特長のポケットWiFiです。 ソフトバンクの4G回線を利用しているため、 ...

続きを見る

こちらの記事もどうぞ

おすすめのWi-Fiは?
2017年おすすめのモバイルWi-Fiはどれ?WiMAXからポケットWiFiまで徹底的に比較して選びました。

「モバイルWi-Fiを使いたいけど、たくさん種類があってよくわからない!」「WiMAXとかポケットWiFiとか結局どれがいいの?」と悩んでいる方は多いと思います。 特にモバイルWi-Fiには通信制限や ...

続きを見る



おすすめ

おすすめのWi-Fiは? 1

「モバイルWi-Fiを使いたいけど、たくさん種類があってよくわからない!」「WiMAXとかポケットWiFiとか結局どれがいいの?」と悩んでいる方は多いと思います。 特にモバイルWi-Fiには通信制限や ...

最安のモバイルWi-Fiはどれ? 2

モバイルWi-Fiの料金は、月額最安・実質最安・3ヶ月間は○○円などといった表記が混在しており、わかりやすいとは言えません。そこで、モバイルWi-Fiの月額利用料が安い順にランキングにしました。 実質 ...

制限なしのモバイルWi-Fi 3

モバイルWi-Fiはいつでもどこでもネットに接続できる便利なものですが、多くの場合、通信制限があります。通信制限が適用されてしまうと、ネットの利用は困難になり、たちまち不便になってしまいます。 ネット ...

WiMAXは家でも外でも高速インターネット。厳しい速度制限なし!しかも、工事不要だからすぐに使える。 4

WiMAXは、家でも外でも高速通信ができるモバイルインターネットサービスです。ギガ放題というプランでは、月間通信データ量の上限なし(直近3日間で10GBの上限あり)でインターネットを利用できます。

ポケットWiFi 5

ポケットWiFiとは、持ち運びできるポケットサイズのインターネット接続機器です。ポケットWiFiがあれば、家でも外でもインターネットを利用できます。

投稿日:2016年6月16日 更新日:

Copyright© モバイルWi-Fi研究所 , 2017 AllRights Reserved.