FS030W

SIMフリー

SIMフリーモバイルWi-Fiルーター、FS030Wのレビュー・評判

投稿日:2017年8月6日 更新日:

FS030Wは、富士ソフトが製造するSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターです。SIMフリーなので、格安SIM各社のSIMカードを使うことができます。

FS030Wの特徴

SIMフリー

FS030Wは、docomo・SoftBank・auなど、どの通信会社のSIMカードでも利用できるSIMフリーのモバイルルーターです。

FS030Wを自分で購入して、格安SIMを契約して差し込めば低価格のモバイルWi-Fiとして活躍します。

高性能バッテリー

FS030Wは、Wi-Fi利用時最大20時間持続するという高性能バッテリーを搭載しています。

3,060mAhの大容量バッテリーでありながら、厚さは約17.3mm、本体の重量は約128gと軽量です。

これだけ長持ちするバッテリーなら、外出時も心配ありません。

APN自動設定

APN(Access Point Name)設定とは、端末をインターネットにつなぐための設定です。docomoなどの大手通信会社(キャリア)では、設定済みのことが多いですが、格安SIMでは自分で設定しなくてはなりません。

しかし、FS030WはAPNを自動で設定する機能が備わっているので、初心者の方でも簡単に利用できます。

通信速度

FS030Wの通信速度は、下り最大150Mbpsです。下り最大440MbpsのWiMAXの方が速いですが、これは使用する回線が違うためです。

FS030Wは、エリアが広くつながりやすい4G回線を使用します。4Gは、スマホでもおなじみの安定した高速通信です。

下り最大150Mbpsもあれば、4G通信は安定しているのでストレス無くインターネットができるでしょう。

WiMAXの下り最大440Mbpsは高速である一方、利用可能エリアは都市部が中心で、地下や周囲を建物に囲まれた場所などではつながりにくいことがあります。

対応エリア

対応エリアは、使用するSIMによって異なります。docomoならdocomoのサービスエリアで利用できます。

とはいえ、docomo・SoftBank・auの3社は全国に4Gエリアを張り巡らせているので、ほとんど差はありません。

スマホが使える場所ならFS030Wも使えると考えて良いと思いますが、念のため、SIMカードの契約の際にエリアの確認は行ってください。

FS030WとFS020Wの比較

FS030WとFS020W

FS030Wと前機種であるFS020Wのスペックを比較してみましょう。

  FS030W FS020W
サイズ(mm) 74/74/17.3(高さ/幅/厚さ) 70.5/70.5/16.6(高さ/幅/厚さ)
重さ 約128g 約117g
通信規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11b/g/n
通信速度(4G) 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
通信速度(3G) 下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps 下り最大14.4Mbps/上り最大5.76Mbps
連続通信時間 最大20時間 約10時間
連続待受時間 約600時間 約340時間
バッテリー容量 3,060mAh 2,970mAh
対応SIM LTE対応SIM(microSIM) docomo LTE Xiサービス対応SIM(標準SIM)
同時接続台数 最大15台 最大10台
メーカーサイト 富士ソフト:FS030W 富士ソフト:FS020W

FS030Wは前モデルに比べて、大きく性能が向上しています。特に改善したのがバッテリー性能で、前機種のおよそ2倍の性能になっています。

また、前機種はdocomo回線のみ対応していたのに対し、FS030Wはdocomo・SoftBank・auすべての回線に対応しています。これにより、どの通信会社の回線のSIMカードでも使えるため、格安SIMの選択肢が大きく広がりました。

Wi-Fiとしても、混線が少なく安定した通信が利用できるIEEE 802.11aや、高速通信規格のIEEE 802.11acに対応しました。

総合的に見て、FS030Wは前モデルよりもかなり性能が良くなったので、買うならFS030Wがおすすめです。

FS020W
SIMフリー端末「FS020W」のレビュー・評判

富士ソフト株式会社が製造するモバイルWi-Fi端末、FS020Wはドコモ系のSIMフリールーターです。SIMフリー端末ですが、ドコモ対応端末なのでKDDI系SIMは利用できません。通信制限なしのスマモ ...

続きを見る

FS030Wはどこで買える?

FS030WはSIMフリー端末なので、本体のみを購入することができます。

Amazonなどのネット通販や家電量販店で買うことができます。本体を買って、格安SIM会社にてSIMカードのみを契約し、それをFS030Wに挿入して利用します。

他にも、格安SIMを提供している通信会社から、データSIM(データ通信専用のSIMカード)とセットで購入することもできます。この場合、本体価格が0円になる、SIMカードのみのプランよりおおトクといったメリットがあることがあります。

SIMのみとSIM・端末セットどっちがおトク?

FS030WをAmazonなどで購入してデータSIMのみを契約する場合と、FS030WとデータSIMをセットで購入するのは、どちらがおトクなのでしょうか?

結論としては、どのくらい通信データ量が必要かによって違ってきます。

例えば月間3GBほど使えれば充分で、できるだけ安く利用したいといった場合には、格安SIM会社でデータSIMを契約した方が安く利用できます。格安SIM会社では月間3GBなら、月額1,000円以下で利用できます。

一方、セットで購入した方がおトクなのは、たくさんインターネットを利用したい場合です。その場合、データSIMだけを契約するよりも、スマモバやネクストモバイルなどの方が安く利用できます。

FS030Wを格安データSIMで使う場合のメリット・デメリット

FS030WをAmazonや家電量販店で購入し、格安データSIMを契約して利用する場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 少ないデータ量のプランを選べる
  • データSIMは解約が自由で違約金もない
  • 月額1,000円以下という低価格で利用できる

格安SIM会社では、500MBからプランがあり、1GB単位で選択できることが多いです。そのため、自分に合ったプランを選ぶことができます。

また、データ通信専用のSIMカードであるデータSIMは、最低利用期間がなく、解約する際の契約解除料(違約金)がないのが一般的です。2年縛りのようなものがないので、自由に解約や乗り換えができます。

少ないデータ量のプランを選べば、月額数百円という低価格でモバイルWi-Fiを利用できます。

デメリット

  • 大容量プランがない
  • 大容量プランがあっても割高
  • 通信速度が遅いこともある

格安SIM会社のプランには、20GBを超えるデータ量のプランがないか、あってもスマモバやネクストモバイルよりも高額なことがほとんどです。

また、お昼どきなどの混雑時間帯には通信速度が極端に遅くなる会社もあるなど、格安SIMの通信速度は比較的遅いこともよくあります。

したがって、4G通信をたくさん利用したい場合、安定した通信速度でインターネットを使いたい場合は、FS030WとデータSIMがセットになったスマモバやネクストモバイルの方がおすすめです。

FS030Wの評判・口コミ

FS030Wの購入方法

FS030Wを用意する

FS030Wは家電量販店のほか、Amazonなどで購入できます。

FS030WをAmazonで確認する

格安データSIMを契約する

格安SIM会社のウェブサイトから、データSIMを申し込みます。

格安SIM会社はたくさんありますが、楽天モバイルやmineo(マイネオ)などがおすすめです。格安SIM各社の利用料金は大差なく、違いが出るのは通信速度やその他のサービスです。

楽天モバイルとmineoは通信速度も速い部類で、独自のサービスが充実しています(楽天モバイルは楽天ポイントなど、mineoは無料でデータ量がもらえるフリータンクなど)。

さらに、利用者がある程度いるため突然サービス終了という可能性が低く(実際に消滅した格安SIMがあります)、サポートなどのサービスも充分提供されているからです。

とはいえ、モバイルWi-Fiを格安SIMで利用するような方は詳しい方が多いので、これ以上の説明は不要かもしれませんね。

楽天モバイル公式サイト

mineo公式サイト

格安SIMを申し込む場合、SIMカードの到着に数日かかります。本体はすぐに手に入るので(Amazonでは通常翌日)、先に格安SIMを申込んだほうが時間のロスが少なくなります。

FS030WにデータSIMを入れて利用開始

FS030WとデータSIMがそろったら、本体に挿入して利用開始です。パソコンやタブレットなど様々な機器をインターネットに接続して楽しんでください。

FS030WとデータSIMをセットで購入する方法

NEXT mobileとスマモバでは、FS030WとデータSIMをセットで購入できます。

大容量プランなので、インターネットをたくさん利用したい場合に適しています。

NEXT mobile(ネクストモバイル)

NEXT mobileでは、FS030Wを0円で購入できます。

さらに、利用料金も安く、月間20GBのプランが月額2,760円、月間30GBのプランが月額3,490円となっています。

ソフトバンク回線を利用しているので、通信品質は同じです。

FS030Wでインターネットをたくさん使いたい場合は、月額利用料金が安く、大容量のネット通信が可能なNEXT mobileが一番おすすめです。

NEXT mobile公式サイト

NEXT mobile
NEXT mobile(ネクストモバイル)のポケットWiFiのレビュー・評判

NEXT mobile(ネクストモバイル)とは、つながりやすい4G LTE通信を大容量プランで利用できるうえ、利用料金が安いのが特長のポケットWiFiです。 ソフトバンクの4G回線を利用しているため、 ...

続きを見る

スマモバ

スマモバは、FS030Wの本体代金(毎月1,500円の分割払いが1,000円割引で500円)と通信料金をあわせて3,980円のスマートリッチ25というプランがおすすめです。

スマートリッチ25は月間25GB使えるプランで、3日間の通信データ量の上限なしで利用できます。

スマモバ公式サイト

スマモバ公式サイトのスクリーンショット
スマモバのモバイルWi-Fiのレビュー・評判

スマモバは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社がdocomoの回線を利用して運営するMVNOです。格安SIMや格安スマホも取り扱っていますが、このページではスマモバのポケットWiFiについて ...

続きを見る

まとめ

FS030Wは、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなので、格安SIM各社のSIMカードを使うことができます。

  • docomo・SoftBank・auの4G通信を利用できる
  • バッテリーが長持ち
  • APN設定が自動
  • 通信速度は下り最大150Mbps
  • 格安SIMを利用すると、安く使える
  • たくさんデータ量が欲しいなら、NEXT mobileやスマモバがおすすめ



おすすめ

おすすめのWi-Fiは? 1

「モバイルWi-Fiを使いたいけど、たくさん種類があってよくわからない!」「WiMAXとかポケットWiFiとか結局どれがいいの?」と悩んでいる方は多いと思います。 特にモバイルWi-Fiには通信制限や ...

最安のモバイルWi-Fiはどれ? 2

モバイルWi-Fiの料金は、月額最安・実質最安・3ヶ月間は○○円などといった表記が混在しており、わかりやすいとは言えません。そこで、モバイルWi-Fiの月額利用料が安い順にランキングにしました。 実質 ...

制限なしのモバイルWi-Fi 3

モバイルWi-Fiはいつでもどこでもネットに接続できる便利なものですが、多くの場合、通信制限があります。通信制限が適用されてしまうと、ネットの利用は困難になり、たちまち不便になってしまいます。 ネット ...

WiMAXは家でも外でも高速インターネット。厳しい速度制限なし!しかも、工事不要だからすぐに使える。 4

WiMAXは、家でも外でも高速通信ができるモバイルインターネットサービスです。ギガ放題というプランでは、月間通信データ量の上限なし(直近3日間で10GBの上限あり)でインターネットを利用できます。

ポケットWiFi 5

ポケットWiFiとは、持ち運びできるポケットサイズのインターネット接続機器です。ポケットWiFiがあれば、家でも外でもインターネットを利用できます。

-SIMフリー
-

Copyright© モバイルWi-Fi研究所 , 2017 All Rights Reserved.