ユーロデータ

レンタル

ヨーロッパ用レンタルWiFiサービスのユーロデータのレビュー・評判

投稿日:2016年7月28日 更新日:

ユーロデータとは、ヨーロッパ用レンタルWiFiサービスです。レンタルWiFiサービスを多数展開する株式会社グローバルモバイルが提供しています。

ユーロデータ公式サイト

ユーロデータはヨーロッパ54カ国で利用でき、レンタル料金がとても安いです。1日単位のレンタルと1ヶ月間のレンタルの2つのプランがあります。

ユーロデータの特徴

ヨーロッパ54カ国で利用可能

ユーロデータ利用可能地域

アイスランド/アイルランド/イギリス/イタリア/エストニア/オーストリア/オランダ/キプロス/ギリシア/サンマリノ/スイス/スウェーデン/スペイン/スロヴァキア/アルバニア/アルメニア/ガーンジー/クロアチア/チェコ/デンマーク/ドイツ/ノルウェー/バチカン市国/ハンガリー/フィンランド/フェロー諸島/フランス/ブルガリア/ベルギー/ポーランド/ポルトガル/マルタ/ジャージー島/セルビア/ベラルーシ/ボスニア/ラトヴィア/リトアニア/ルーマニア/ルクセンブルク/オーランド諸島/モルドバ/ロシア(モスクワのみ)/スコットランド/ウクライナ/カナリア諸島/ウェールズ/マケドニア/マン島/モナコ/モンテネグロ/アゼルバイジャン/リヒテンシュタイン/スロベニア

ユーロデータはヨーロッパ54カ国で利用可能です。国境を超えても変わらずに利用できるので大変便利です。

レンタル料金

1日単位でレンタルプランと、1ヶ月間レンタルするプランがあります。海外で使用するため、消費税はかかりません。

デイリープラン

1日あたり690円の定額通信料金で1日あたりの通信データ量の制限なしで利用できます。例えば5日間レンタルする場合は、690円×5日=3,450円です。料金は出発日から帰国日までの日数で計算します。

どんなに使っても、通信料金は1日あたりわずか690円!
「1日◯◯◯MBまで」といった事前のご利用制限は一切ありません!
日本の携帯電話会社のパケットし放題プランよりぐっと安くすみます。

マンスリープラン

1ヶ月間1万2,000円で、通信データ量の制限なしで利用できます。1日あたり約400円なので、デイリープランよりも割安です。18日間以上レンタルする場合、デイリープランよりもマンスリープランの方がお得になります。

早割

出発日の1ヶ月以上前に申し込んだ方は、定額通信料金が10%オフになります。

送料無料

レンタルしたWiFiルーターの往復送料は無料です。返却時は、レンタルした端末を無料返却バッグに入れてポストに投函するだけです。

多くの海外用レンタルWiFiサービスは片道500円の送料がかかるので、送料無料はとてもお得です。

予備バッテリー

1日あたり100円で、予備バッテリーをレンタルすることもできます。ルーターやスマホのバッテリーの残量を心配しなくて済むので、予備バッテリーがあると便利です。

USBカーチャージャー

車のシガーソケットに差し込んで、WiFiルーターやスマートフォンを充電できるUSBカーチャージャーを無料でレンタルできます。申し込み時に選択する必要があります。

支払い方法

支払いは基本的にクレジットカードのみです。

海外では、クレジットカードは必須です。渡航先で怪我や病気になった際に利用できる保険や、ホテルのカーペットにコーヒーをこぼしてしまったなどの損害賠償に使える保険ががついているものもあります。

盗難保険やショッピング補償もついていて年会費無料で作れるものもあるので、持っていない方は海外へ行く前に作ることをおすすめします。

海外旅行に最適なクレジットカード

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターはサムスン製で、2G/3G通信に対応しています。通信データ量の制限がなく、最大10台の同時接続が可能なので、複数人で利用するとかなりお得になります。

90mm×90mm×12mmのスリムサイズで、約145gと軽量のため持ち運びに便利です。連続通信時間は約8時間です。

デメリットとして、3G通信なので通信速度が遅いことがあげられます。公式サイトによると下り最大2Mbpsなので、日本で4G通信に慣れている場合は遅く感じると思います。ちなみに、3G通信はつながりやすいものの、4G通信の10分の1程度の通信速度だといわれています。

レンタルの流れ

申し込み

ユーロデータ公式サイト の申し込みフォームに必要事項を記入して申し込みます。

出発前日まで申し込み可能で、自宅に午前中着または空港へ無料で発送されます。出発前日発送の最終受付は17:00です。

受け取り

受け取るのは、Wi-Fiルーター本体・充電器・マニュアルです。オプション機器を申し込んだ場合はそれも受け取ります。

宅配便

出発日の前(ほぼ2日前)指定した場所に端末機器が届くので、受け取ります。端末の動作確認や操作方法の確認をしておくと良いでしょう。

空港カウンター

以下の空港ではカウンターでの受け取りも可能です。

  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

利用

端末の電源を入れて接続先を選択するだけで、簡単にインターネットに接続できます。

返却

帰国日を含む2日以内の消印で返送します。無料返却バックに入れてポストに投函するだけです。

ご帰国後、翌日の消印まで有効となります。
ご帰国後、翌々日の消印より延滞料金が発生します。

評判・口コミ

申し込み

海外でインターネットを利用するには安くて便利なレンタルWiFiがおすすめです。

ヨーロッパの複数国で利用できるレンタルWiFiとしては、ユーロデータが最安です。

 

ユーロデータ公式サイト

 

こちらの記事もどうぞ

レンタルWiFiの基礎知識、国内向けレンタルWiFiサービス・海外向けレンタルWiFiサービスの比較など、レンタルWiFiについてまとめた記事です。レンタルWiFiについてもっと知りたい方はご覧ください。

レンタルWi-Fi情報のまとめ
シェアしておトク!国内・海外のレンタルWi-Fiのまとめ

出張や旅行に便利なレンタルWiFiですが、実は普段の生活でも役立ちます。そんなレンタルWiFiの役立つ場面やメリット・デメリット、国内・海外の主なレンタルWiFiサービスを紹介します。

続きを見る



おすすめ

おすすめのWi-Fiは? 1

「モバイルWi-Fiを使いたいけど、たくさん種類があってよくわからない!」「WiMAXとかポケットWiFiとか結局どれがいいの?」と悩んでいる方は多いと思います。 特にモバイルWi-Fiには通信制限や ...

最安のモバイルWi-Fiはどれ? 2

モバイルWi-Fiの料金は、月額最安・実質最安・3ヶ月間は○○円などといった表記が混在しており、わかりやすいとは言えません。そこで、モバイルWi-Fiの月額利用料が安い順にランキングにしました。 実質 ...

制限なしのモバイルWi-Fi 3

モバイルWi-Fiはいつでもどこでもネットに接続できる便利なものですが、多くの場合、通信制限があります。通信制限が適用されてしまうと、ネットの利用は困難になり、たちまち不便になってしまいます。 ネット ...

WiMAXは家でも外でも高速インターネット。厳しい速度制限なし!しかも、工事不要だからすぐに使える。 4

WiMAXは、家でも外でも高速通信ができるモバイルインターネットサービスです。ギガ放題というプランでは、月間通信データ量の上限なし(直近3日間で10GBの上限あり)でインターネットを利用できます。

ポケットWiFi 5

ポケットWiFiとは、持ち運びできるポケットサイズのインターネット接続機器です。ポケットWiFiがあれば、家でも外でもインターネットを利用できます。

-レンタル

Copyright© モバイルWi-Fi研究所 , 2017 AllRights Reserved.