中国専用レンタルWi-Fiのチャイナデータのレビュー・評判

チャイナデータ公式サイトのスクリーンショット レンタル

チャイナデータは、中国向けのレンタルWi-Fiです。海外用レンタルWi-Fiサービスを多数展開している、グローバルモバイルが提供しています。

チャイナデータは中国で利用できるレンタルWi-Fiのなかでも、料金が割安なのが特長です。中国でもFacebookやTwitterなどのSNSを利用できます。

チャイナデータ公式サイト

チャイナデータの特徴

中国全土で4G LTE通信ができる

中国最大手の通信会社であるチャイナモバイル社の回線を利用しているため、中国全土で4G LTE通信ができます。3G通信のエリアや圏外もないわけではありませんが、主要なエリアではほぼ4G通信が可能だと考えていいと思います。

日本のドコモやauなどでは4G通信を使えるエリアは日本全国ですが、山間部などでは圏外になることもあります。チャイナデータもそういったイメージです。

複数台同時接続可能

チャイナデータは、複数の機器で同時にインターネットを利用できます。旅行仲間などみんなで使えば、一人あたりの通信料金を抑えることができてお得です。

レンタル料金とデータ通信容量

チャイナデータには、データ通信量無制限の「スーパーチャイナデータ」と1日あたり500MBまで利用できる「チャイナデータbasic」の2つのプランがあります。

また、どちらのプランにも1日単位でレンタルする「デイリープラン」と1ヶ月間レンタルできる「マンスリープラン」があります。

デイリープラン マンスリープラン データ通信量
スーパーチャイナデータ 880円 2万1,000円 無制限
チャイナデータbasic 780円 1万8,000円 500MB

なお、海外での利用になるため、消費税はかかりません。

参考:グローバルモバイル – 500MBってどのくらい?

デイリープラン

デイリープランでは、必要な日数分だけレンタルすることができます。

スーパーチャイナデータ

スーパーチャイナデータのデイリープランは、1日あたり880円です。利用したデータ容量(無制限)にかかわらず、定額料金です。

料金は、日本出発日から帰国日までの日数で計算されます。

例えば、8月10日に日本を出発して8月16日に帰国した場合、7日間となります。この場合のレンタル料金は、880円×7日=6,160円となります。

チャイナデータbasic

チャイナデータbasicのデイリープランは、1日あたり780円です。利用したデータ容量(最大500MB)にかかわらず、定額料金です。

料金は、日本出発日から帰国日までの日数で計算されます。

例えば、8月10日に日本を出発して8月16日に帰国した場合、7日間となります。この場合のレンタル料金は、780円×7日=5,460円となります。

マンスリープラン

長期間レンタルする場合は、マンスリープランがおすすめです。

スーパーチャイナデータ

スーパーチャイナデータのマンスリープランでは、1ヶ月間2万1,000円でレンタルできます。

マンスリープランの1日あたりのレンタル料金は700円(30日)なので、デイリープランで30日レンタルするよりも安くなります。

24日以上レンタルする場合は、デイリープランよりもマンスリープランの方が安くレンタルできます(880円×24日=2万1,120円)。

チャイナデータbasic

チャイナデータbasicのマンスリープランでは、1ヶ月間1万8,000円でレンタルできます。

マンスリープランの1日あたりのレンタル料金は600円(30日)なので、デイリープランで30日レンタルするよりも安くなります。

24日以上レンタルする場合は、デイリープランよりもマンスリープランの方が安くレンタルできます(780円×24日=1万8,720円)。

送料は無料

レンタルしたWi-Fiルーターの往復送料は無料です。自宅または空港まで無料で届き、利用後は返却パックに入れてポストに投函するだけです。

予備バッテリーは1日100円

チャイナデータのWi-Fiルーターや自分のスマートフォンなどを充電できる、予備バッテリーを1日あたり100円でレンタルできます。

バッテリーはSANYOまたはPanasonic製で、容量は5400mAhです。

海外では外にいることが多くなると思うので、予備バッテリーは必需品です。万一スマホなどが電池切れになるとかなり不便なので、持っていない方はレンタルした方が安心です。

ちなみに、チャイナデータで予備バッテリーをレンタルするのもいいですが、モバイルバッテリーを持っていない場合は購入することをおすすめします。

モバイルバッテリーがあると、スマホの電池切れを心配する必要がなくなります。旅行だけでなく普段の生活でも活躍するので、ひとつ持っているととても便利です。

クレジットカードほどのサイズでスマホを2回充電可能なモバイルバッテリーが、3千円以下で買えます。

人気のモバイルバッテリーはこちら

支払い方法

支払い方法はクレジットカードまたはAmazonアカウントで支払えるAmazonペイです。

海外では、クレジットカードは必須です。渡航先で怪我や病気になった際に利用できる保険や、ホテルのカーペットにコーヒーをこぼしてしまったなどの損害賠償に使える保険ががついているものもあります。

盗難保険やショッピング補償もついていて年会費無料で作れるものもあるので、持っていない方は海外へ行く前に作ることをおすすめします。

海外旅行に最適なクレジットカード

Wi-Fiルーター

チャイナデータのWi-Fiルーター

 

チャイナデータでレンタルできるWi-Fiルーターは、4G LTE/3G通信に対応しています。中国最大手の通信会社「チャイナモバイル」社のSIMカードを搭載しているので、広いエリアで4G LTEの高速通信を利用できます。

スーパーチャイナデータのWi-Fiルーター

通信回線 4G LTE/3G
通信データ量 無制限
サイズ/重さ 127×65.7×14.2(mm)/151g
連続通信時間 最大12時間
同時接続台数 最大5台
通信会社 チャイナモバイル

チャイナデータbasicのWi-Fiルーター

通信回線 4G LTE/3G
通信データ量 1日あたり500MB
サイズ/重さ 100×65×15(mm)/85g
連続通信時間 最大8時間
同時接続台数 最大10台
通信会社 チャイナモバイル

チャイナデータのレンタル方法

申し込み

チャイナデータ公式サイトの、申し込みフォームから申し込みます。出発前日まで申し込み可能です。

早割で10%OFF

出発日の1ヶ月以上前に申し込むと、利用料金が10%OFFになります。

中国に行く予定が決まっている場合は、早めに申し込むとお得です。

受け取り

チャイナデータのレンタルWi-Fiセット(本体・充電器・コード・マニュアル)を受け取ります。

宅配便

出発日の2日前(目安)に、指定した場所(自宅など)にレンタルWi-Fiが届きます。当日に空港で受け取るよりも、自宅で受け取る方がWi-Fiのチェックや操作方法の確認ができるのでおすすめです。

出発前に空港カウンターで並ぶのは面倒です。返却もポストに投函するだけでラクです。

空港

以下の空港ではカウンターでの受け取りも可能です。空港によって申し込み締め切り、営業時間が異なります。

  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

利用

端末の電源を入れて接続先を選択するだけで、簡単にインターネットに接続できます。

返却

帰国日を含む2日以内の消印で返送します。無料返却バックに入れてポストに投函するだけです。

ご帰国後、翌日の消印まで有効となります。
ご帰国後、翌々日の消印より延滞料金が発生します。

チャイナデータの評判・口コミ

非常に良いです。Wifiをつなげるだけで、GoogleやFBなど全部使えます。びっくりしました。中国にいるとは思えないくらい。。。
今までローミングやWifi+VPNアプリなど色々と試しましたが、安定性、スピード、値段を全て考慮してもこれが一番良いです。正直、ローミングよりも安定してつながっていますし、スピードも速いです。
Wifiを繋げていたのはスマホのみなので、1日500MBで十分ですし、電池の持ちも良く、朝から夜までOKでした。予備バッテリーを借りたのに結局1回も使わず。。。
サポートが24時間ではないみたいなので、問題があった場合、ちょっと面倒かも。

(kioさん:当サイトコメント欄より)

現在、チャイナデータのユーザーレビューを募集中です。実際に使ってみた感想など、当サイトのコメント欄に気軽に書き込んでください。

コメント欄はページ下部です。

Twitterの口コミ・評判

まとめ

  • 中国専用格安レンタルWi-Fi
  • 中国全土で4G LTEの高速通信が可能
  • 最大5台または10台同時接続可能
  • スーパーチャイナデータ(無制限)は、1日あたり880円
  • チャイナデータbasic(500MB/日)は、1日あたり780円
  • マンスリープランの場合、スーパーチャイナデータは2万1,000円、チャイナデータbasicは1万5,000円
  • 通信データ量は1日あたり500MB
  • 予備バッテリーは1日あたり100円
  • 往復送料無料
  • 1ヶ月以上前に申し込むと10%OFF

チャイナデータは、中国専用のレンタルWi-Fiサービスです。他社の中国向けレンタルWi-Fiに比べて、料金が割安なのが特長です。

また、中国でもFacebookやTwitterなどのSNSを利用できます。

複数台同時に接続できるので、複数人で利用すると一人あたりの料金が安くなってお得です。

長期間のレンタルにはマンスリープランがお得になります。

予備バッテリーもレンタルできます。往復送料は無料です。

1ヶ月以上前に申し込むと10%OFFになるので、中国行きの予定が決まっている場合は早めに申し込むことをおすすめします。

チャイナデータ公式サイト

おすすめの国内用レンタルWi-Fiまとめ
レンタルWiFiについてまとめています。レンタルWiFiの用途、メリット・デメリット、主な国内・海外向けのレンタルWiFiサービスなどを紹介しています。

コメント

  1. アバター kio より:

    非常に良いです。Wifiをつなげるだけで、GoogleやFBなど全部使えます。びっくりしました。中国にいるとは思えないくらい。。。

    今までローミングやWifi+VPNアプリなど色々と試しましたが、安定性、スピード、値段を全て考慮してもこれが一番良いです。正直、ローミングよりも安定してつながっていますし、スピードも速いです。

    Wifiを繋げていたのはスマホのみなので、1日500MBで十分ですし、電池の持ちも良く、朝から夜までOKでした。予備バッテリーを借りたのに結局1回も使わず。。。

    サポートが24時間ではないみたいなので、問題があった場合、ちょっと面倒かも。

    • 研究員 研究員 より:

      kioさん、コメントありがとうございます。

      いろいろな角度からのわかりやすい評価で、読んだ方の参考になると思います。